本文へスキップ

日本臨床教育学会トップ

日本臨床教育学会HP

 日本臨床教育学会は、日本の社会と子どもの生存・発達の「危機」のなかで、子ども理解を深め、子どもを支える新しい共同関係を探り、築くことを目的として発足いたしました。発達援助専門職や教育職の人々、研究職にある人々が互いに協働し、教育、福祉、心理・臨床、医療などの分野と連携しながら、それぞれの専門性を問い直し、人間発達援助に関する新たな臨床知を探求する学術研究の組織です。

新 着 情 報

  • 日本学術会議第 25 期新規会員任命に関する声明
          

     今般、内閣総理大臣は、日本学術会議が第25期新規会員候補として推薦した105名のうち6名について任命しませんでした。このことは、日本学術会議を独立機関として規定する「日本学術会議法」に反する行為です。
     「日本学術会議法」は、その前文で「科学が文化国家の基礎であるという確信に立って、科学者の総意の下に、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与する」ことを使命として掲げています。また、この使命を果たすために、会員は「学術会議の推薦に基づいて首相が任命する」と規定しており、今回の行為は、1983年の「日本学術会議法」改正以降、「政府が行うのは形式的任命に過ぎない」とされてきた、この規定に関する従前の政府解釈にも反するものです。
     このような事態は、日本国憲法第23条に保障される「学問の自由」を侵害し、「言論の自由」および「民主主義」の根幹を蹂躙するものであり、とうてい看過できません。
     日本臨床教育学会理事会は、内閣総理大臣が6名の候補を任命しなかった今回の行為を深く遺憾とし、下記2項の実行を内閣総理大臣に強く求めます。

    1.日本学術会議が去る8月31日付で推薦した会員候補者のうち、任命されていない6名の方について、任命見送りになった経緯を明らかにすること。

    2.上記6名の方の任命見送りを撤回して、すみやかに任命すること。

    2020年10月8日   日本臨床教育学会理事会       

  • オンライン学術研究発表会の開催予定 NEW

    第10回研究大会の中止を受け、会員の研究発表の機会を保障するために、「2020年度オンライン学術研究発表会」を開催します。詳細は決まり次第、連絡いたします。

    予定:2021年2月下旬または3月上旬
    方法:Zoomを用いたオンラインでの開催

  • 『臨床教育学研究』への投稿について

    現在、第10巻への投稿論文を下記の通り募集しています。

    特集テーマ:未定
     ※詳細が決まり次第、特集テーマと趣旨文を掲載します。

    投稿原稿の締切:2021年9月15日

    提出先:〒003−0802 札幌市白石区菊水2条1丁目4−27

         (株)正文舎「臨床教育学研究」担当

    ※提出にあたっては、ホームページ記載の投稿規程・執筆要領を必ず確認してください。

  • 「コロナ問題」を考えるために

    日本臨床教育学会では、新型コロナウイルス感染症を取り巻く現場の声を集めています。
    また、研究会「コロナ問題と臨床教育学」を組織し、研究交流を始めています。公開研究会等の開催が決まり次第、このページでお知らせします。

    

NEWS新着情報

2018年3月3日
ホームページをリニューアルしました。。

ナビゲーション

バナースペース

日本臨床教育学会事務局

〒577-8567
大阪府東大阪市西堤学園町3-1-1
東大阪大学
渡邉由之 研究室

Fax:06-6782-2896
Mail:crohde2011@yahoo.co.jp

2020_opinion.htmlへのリンク